GEMFOREXのゼロカットシステムとは?追証なしのメリットと注意点を解説

この記事では以下の疑問を解決します。

「GEMFOREXのゼロカットってどんなシステム?」

「ゼロカットシステムがあることによってどのようなメリットがある?」

「ゼロカットシステムが起こることで何か問題は発生する?」

目次

GEMFOREXのゼロカットシステムとは?

GEMFOREXのゼロカットシステムとは、証拠金が0円を下回り、マイナスになった損失のマイナス部分を補填してくれるサービスのことです。

GEMFOREXでは、証拠金維持率(必要証拠金÷有効証拠金×100)が20%以下になると、証拠金を上回る損失を避けるためトレーダーの意思に関係なく強制的に決済されます。
これを「強制ロスカット」といいます。

しかし、急激な価格の変動により強制ロスカットが間に合わないケースもあります。
強制ロスカットが間に合わず、決済のタイミングが遅れると、損失が証拠金を上回ってしまう可能性があります。

証拠金を上回った損失を「追証(おいしょう)」といいますが、いわゆる借金と同じ位置づけのお金です。
課せられた追証は、証拠金を追加入金して補填しなくてはいけません。

GEMFOREXでは、追証をゼロカットシステムで全額肩代わりしてもらうことが可能です。

ゼロカットシステムのメリットは?

ゼロカットシステムがあることで、資金0円を下回る損失のリスクなく取引を行うことができます。

ゼロカットシステムは、現物取引する人にとってはあまりメリットに感じられないかもしれませんが、レバレッジ取引で大きなリターンを狙う人にとっては強い味方となってくれるでしょう。

ゼロカットシステムの注意点

一見メリットしか感じられないゼロカットシステムですが、思わぬところに罠があります。
ゼロカットシステムの注意点についても確認しておきましょう。

ロスカット&ゼロカットの基準は業者間で異なる

強制ロスカットは行われるタイミングは、海外FX業者によって異なります。

GEMFOREXでは、証拠金維持率が20%を下回ると強制的にロスカットが行われます。
取引を行う前に、どのぐらいの含み損が出たらロスカットになるかを確認しておきましょう。

別口座・業者間での両建ては禁止

GEMFOREXでは、ゼロカットシステムを利用して別口座や別業者で両建てを行うことを禁止しています。

規約違反にあたる取引を行っていることが発覚した場合、口座が凍結する恐れがあります。

口座を複数所持している人、複数の業者で取引を行っている人は、ポジションが両建てになっていないかを確認しましょう。

GEMFOREXのゼロカットを執行させないためには?

GEMFOREXのゼロカットシステムは、追証を肩代わりしてもらえる安心のシステムですが、発動すると資金はゼロの状態になります。

できるなら、ゼロカットシステムや強制ロスカットを執行させずに取引を行いたいものです。

GEMFOREXで資金を溶かさずに取引を行うためには、以下のルールを守りましょう。

  • 高い証拠金維持率を保つ
  • 損切りのタイミングを守る

高い証拠金維持率を保つ

GEMFOREXでは、証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットが執行されます。
強制ロスカットを避けるためには、高い証拠金維持率を維持することが大切です。

証拠金を維持するためには?

  • 有効証拠金を増やす
  • レバレッジを下げる
  • マージンコールを無視しない

証拠金維持率は高ければ高いほど強制ロスカットのリスクを下げることができますが、○%以上はあると安心です。

損切りのルールを守る

損切りする場合のルールを決めて、徹底することで大幅な損失を回避することができます。

損切りルールの例

ポジション保持から10%の損失が出たら売却する

自分の取引量に見合った損切りルールを設定し、必ず実行して強制ロスカットを回避できるようにしましょう。

マージンコールを無視しない

GEMFOREXでは、証拠金維持率が50%を下回ると「マージンコール」というメール通知が来ます。

マージンコールは強制ロスカットの警報のような通知です。

強制ロスカットを避けるには、通知が来た時点で証拠金を増やすかポジションを決済して損切りする必要があります。

まとめ

GEMFOREXは、国内のFX業者にはないゼロカットシステムが備わっています。

ゼロカットシステムがあることで、急激な相場変動でマイナス残高になるのを回避することができます。

GEMFOREXの口座開設でもらえるボーナスを利用すれば、自己資金ゼロで最大2000万円分のハイレバレッジ取引を行えます。

リスクなしで取引を行いたい人は、口座開設ボーナスを獲得しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる