GEMFOREXの退会方法、解約手続きの手順をイチから解説

どうも、ユウジです。

GEMFOREXを解約したくなったあなた。

そう、あなた。

もうGEMFOREXで取引を考えていないのなら、面倒くさいと感じる前にさっさと退会した方がいい。

GEMFOREXを退会する方法をまとめておいたから、ぜひ参考にしてほしい。

目次

退会手続きの流れ

まずは、GEMFOREXのサービス自体を解約する方法を紹介していく。

退会手続きの流れ
①GEMFOREX公式のお問い合わせページにアクセス
②必要事項を入力する
③申請後に届くメールを確認

解約の手続きはお問い合わせ(https://gemforex.com/contact.php)ページから行うから、別ウインドウからアクセスしておこう。

このお問い合わせページは、解約に限らず全てのページの質問や手続きが行えるが、今回は「解約」の申請をしていきたい。

お問い合わせ内容:「その他」を選択
会員種別:「ユーザー」を選択
お名前:登録している名前を入力
フリガナ:登録している名前をカタカナで入力
メールアドレス:登録しているメールアドレスを入力
口座ID:口座番号を入力
ご利用デバイス:今使っているデバイスを選択(例:Windowsのパソコンを使っている人はWindows PC)
お問い合わせ内容:『口座を解約したいです』と記載

少々面倒かもしれないから、問い合わせ内容はこのページの文章をコピペして使ってほしい。
申請後から3営業日以内に申請したアカウントもしくは口座が削除されて、完全に退会される。

複数口座を開設していて、特定の口座を解約する方法

複数口座を開設していて、特定の口座だけを解約する方法についても説明しておこう。

特定口座だけの解約も、さっきの退会で使ったのと同じお問い合わせのページから進めていく。

お問い合わせ内容:「その他」を選択
会員種別:「ユーザー」を選択
お名前:登録している名前を入力
フリガナ:登録している名前をカタカナで入力
メールアドレス:登録しているメールアドレスを入力
口座ID:口座番号を入力
ご利用デバイス:今使っているデバイスを選択(例:Windowsのパソコンを使っている人はWindows PC)
お問い合わせ内容:『◯◯口座を解約したいです』と記載

お問い合わせ内容には、解約したい口座を指定して書いておくとスムーズだ。

退会する前に確認しておきたい注意事項

退会したいからといって、いきなり解約手続きをするのは早すぎる。

手続きを進める前に、これから説明する5つの事項を確認しておこう。

保有ポジションを全て決済する

保有ポジションを決済しておかないと、解約手続きを行えない。

先に保有しているポジションがあれば決済しておこう。

口座の利益を全額出金しておく

解約手続きが済んでしまうと、ログインすることができないから出金申請もできなくなってしまう。

せっかくの利益をムダにしないためにも、必ず利益を全額出金してから解約手続きを進めよう。

取引報告書をダウンロードする

海外FXの利益は必ず確定申告をする必要がある。

確定申告には、その年の取引報告書が必要だ。
年間取引報告書はマイページからダウンロードする。

解約手続きが完了してしまうと、マイページにもログインできなくなる。
もちろん、年間取引報告書もダウンロードできない。

だから、解約前に必ずダウンロードしておくことをおすすめする。

GEMFOREXの解約・退会を取り消したい場合

GEMFOREDの退会は、一度申請してしまうと取り消すことができない。

もう一度GEMFOREXを利用する場合は、再登録(新規口座開設)が必要となる。

再登録の方法は、この記事内の「再開したくなった時の再登録方法」を確認してほしい。

再登録は口座開設ボーナスがもらえない

GEMFOREXは再登録だと口座開設ボーナスはもらえない。

あくまでも口座開設ボーナスは、初めてGEMFOREXの口座を開設した人が対象だ。

口座開設ボーナス狙いで退会しようと思っている場合は、潔く諦めよう。

そもそも退会は必要なのか、放置はダメ?

ここまで読んで、「退会手続き面倒じゃね?」「放置で良くね?」と考えた人もいるんじゃないだろうか。

使わなくなった休眠口座を放置するのは、なるべくやめていただきたい。

凍結口座も同じく解約すべきだ。

その理由を今から説明しておこう。

口座維持手数料1500円が発生する

1・4・7・10月の毎月1日時点で、3ヶ月間(90日間)トレードがなかった口座に、15ドル(約1,500円)の口座維持手数料がかかってしまう。

残高がゼロの口座であれば、手数料を差し引かれることはないが、余計な維持費がかかってしまう口座は解約しておこう。

アカウント乗っ取りのリスクがある

口座を放置するのはセキュリティ的にもよろしくない。

それは、アカウントを乗っ取られても気づかない可能性があるからだ。

不正にログインされてしまうと、もれなくてんこ盛りの個人情報が漏洩してしまうことになる。

不正ログインで漏洩する個人情報
・口座情報
・出入金履歴
・売買履歴
・名前
・住所
・銀行の口座情報

さらに、「不正ログイン」からの「ログインパスワード変更」というコンボを決められてしまうと、出金ができなくなったり、そもそもログインできなくなってしまったりと、なかなか悲惨なことになる。

個人情報を残さないためにも、使わない口座は解約しておいた方が良い。

再開したくなった時の再登録方法

「もし、またGEMFOREXで取引したいな」と思う時が来るかもしれない。

そんな時は、もう一度新規で口座を開設する必要がある。

前回使っていた口座は復活しないので注意が必要だ。

口座を開設する方法はこの記事で詳しく紹介しているから、参考にしてほしい。
https://larastortillaflats.com/gemforex/gemforex-account/

どうしてもわからない場合の問い合わせ先

ここまで、GEMFOREXの退会方法や、退会する前にやっておきたい注意点を説明してきた。

それでもわからないところがあるなら、GEMFOREX公式ページのカスタマーサービスから質問することをおすすめする。

海外のFX業者だが、日本人スタッフも常駐しているから日本語で直接問い合わせることが可能だ。

カスタマーサービスを利用する
https://gemforex.com/contact.php

GEMFOREXの公式サイトには、よくある質問のページもある。
できればこのページも活用したい。
https://gemforex.com/faq.php

退会後のおすすめFX業者

最後に、GEMFOREXを退会後、GEMFOREX以外でFXがやりたい人におすすめのFX業者をおすすめしておこう。

海外FX業者おすすめ「XM」

XMは、GEMFOREXと並ぶ大手の海外FX業者だ。

会員ページの操作性もわかりやすいし、日本語スタッフも常駐していて安心感が高い。

口座開設した時のボーナスは、GEMFOREXより安いが3,000円分もらうことができる。

国内FX業者おすすめ「楽天FX」

海外FX口座をやめて、国内のFX業者を選ぶのであれば楽天FXがおすすめだ。

楽天銀行・楽天証券経由なら、出入金が簡単で早い。

楽天FX専用の取引ツールも使いやすくてスマホで手軽に発注しやすい。

まとめ

GEMFOREXの退会は以下の手順で進めていこう。

退会手続きの流れ
①GEMFOREX公式のお問い合わせページにアクセス
②必要事項を入力する
③申請後に届くメールを確認

基本的に、質問も手続きも同じ問い合わせフォームから行える。

口座番号さえわかっていれば、スマホからでも解約できるから、口座番号は控えておくことをおすすめする。

解約・退会フォームはこちら
https://gemforex.com/contact.php

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次